RIFFE スクエアシャフト

RIFFE スクエアシャフト

¥10,800価格
  • 獲物に合わせたシャフトの太さを選べます
  • 硬質ステンレスシャフト
  • ライトガン用の6.35mm
  • ネイビーオリジナルで作ってもらった6.75mm
  • 標準の7.1mm
  • 大型ハタ類や青物用の8mm
  • 超大物の8.7mm
シャフト径
サイズ
  • レストタブの話

    シングルバーブの標準シャフト7.14MM径プラス中休みレストタブ付きのシャフトです。実は、このレストタブ、25年以上前には、無いものでした。当ネイビーカンパニーが、初めて特注で取付けたのが、最初です。当時からオーストラリアの銃は太い20MMのゴムもけっこう使われていました。 一方RIFFEの16MM径のゴムは、以前のVOITなどと比べるとパワーが有り、当時の日本の方には、以前よりかなり強いと感じる方が多くいらっしゃいました。2本掛けですからなおさらです。そこでシャークフィンのタブを前方に1つ取付けることをリクエストしました。我ながら良いアイデアだと思ったのですが、かえってきた言葉は、、、日本人はそんなに力が無いのか?という質問でした。正に「こんなものを付けてどうするのか?」という返事でした。世界中でネイビーだけの注文とのことでしたが承知してくれました。それから、15年程して、同じようにして欲しいというディーラーが出て来て、後に大型モデルには、標準となりましたが、現在でも中型モデルまでのものは、このレストタブは、標準ではなく、オプション注文でのみ取付けとなっています。当ネイビーでは、1988年以来、NO.2以上のサイズの銃には、レストタブ付きのものが標準となっています。「日本人は非力だ!」と言われたレストタブが今では、各国のメーカーのシャフト(実際にはほとんどがRIFFEのシャークフィンのコピーですが、、、)にも多くみられるようになりました。

​© 2019 NAVY COMPANY

〒530−0014

大阪市北区鶴野町1−3安田ビル1F

TEL:06-6373-3715

FAX:06-6375-7207